AGAの治療入門

AGAは、放置していても改善されることはありません。そのため、症状に気がついたら早めに治療を始める必要があります。

*

脱毛症は女性にも起こる

   

女性にも脱毛症は起こる

脱毛症は、女性にも起こります。

FAGAは、女性の男性型脱毛症ということを意味しています。

脱毛症は、男性だけではなく、女性においても起こり得るのです。

このような原因にはいくつかの要因があります。

まず、大きな要因は、女性ホルモンの減少によるものです。

また、過剰なストレスなどでのことでも原因として考えられます。

ふだんの日常や仕事、子育ての問題などのストレスからもFAGAは発症します。

過剰に精神的なストレスを受けると、男性ホルモンが生成されやすくなることが原因として考えられます。

一方、AGAは、男性型の脱毛症です。

AGAでは、男性の抜け毛や薄毛などが生じる脱毛症です。

AGAは、ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが増加することで、薄毛が進行します。

FAGAとAGAとの違いというのは、このような違いがあります。

脱毛症が男性だけに起こるものではないということを、認識しておきましょう。

FAGAの治療薬はパントガール

FAGAの治療には、FAGA治療薬のパントガールを用います。

FAGAが原因で悩まれている女性は、以前よりも増加しているのです。

日本人のおよそ10人に1人が、自身の薄毛に悩んでいると言われています。

しかし、だからといって、女性がプロペシアなどの、男性用のAGA治療薬を使用してはいけません。

プロペシアの成分はフィナステリドですが、フィナステリドの女性への使用は、禁忌とされています。決して使用しないでください。

FAGAには、パントガールと呼ばれる治療薬を使用するのです。

パントガールは、世界で唯一、女性の薄毛の改善効果が認められるFAGA治療薬です。

パントテン酸カルシウムやケラチン、シスチンといった栄養素で構成されています。

ひとくちに脱毛症と言っても、男性と女性とでは、脱毛の性質が異なります。

FAGAの治療は、パントガールを使用しましょう。