AGAの治療入門

AGAは、放置していても改善されることはありません。そのため、症状に気がついたら早めに治療を始める必要があります。

*

AGAの初期症状

   

AGAの初期症状

AGAは、男性型脱毛症とも呼ばれており、多くの男性が悩んでいる症状です。

AGAの主な初期症状は、まず毛周期(ヘアサイクル)に変化が生じてきます。

髪の毛は、成長期・退行期を経て休止期から脱毛と進んでいきます。

しかし、AGA症状が出てしまうと、成長期が普通であれば2年から6年あるところ、1年未満になってしまうのです。

そして、成長期が十分でないことから、髪質にも変化が生じます。

細く柔らかくなったり、髪の毛のはりがなくなり、艶やかさに乏しくなってしまうのです。

枕についた抜け毛や、洗髪の際に抜け毛が多くなってくることで、自覚します。

正常であっても、1日に100本ほどは抜け毛が生じます。

しかし、それ以上の抜け毛があれば、初期症状が出始めているのかもしれません。

毛周期は、男性ホルモンが関係しています。

男性ホルモンのジヒドロテストステロンによって、成長期が短くなっているのです。

AGAの原因は、遺伝がほとんどですが、ストレスや環境面でも発生する可能性があります。

初期症状を見つけたら

AGAは、自然治癒しません。

放置すれば、どんどん進行してしまうのが特徴です。

発症時期は、思春期以降と言われています。

思春期以降に初期症状が見られたら、早めに専門のクリニックにて医師に相談をすると良いでしょう。

AGAにはパターンがあり、前頭部と頭頂部の両方に出るタイプと、前頭部か頭頂部のみのタイプに大きくわかれます。

このパターンは、男性特有のもので、女性には見られません。

AGAの進行を防ぐには、医師の相談のもと、AGA治療薬を服用しなければならないのです。

ほかにも、受診と同時に、生活習慣を見直したり、正しいシャンプー方法を医師から教わります。

生活習慣においては飲酒はできるだけ控え、喫煙は行わないようにしましょう。

タバコを吸ってしまうと、血管が収縮するため、頭皮の隅々まで血液が行かなくなります。

結果として、抜け毛が進行してしまうのです。